交通事故に遭ってケガをしたら、詳細な症状のチェックが欠かせません。なぜなら、それらによって受診する病院や交通事故治療の診療科も違ってくるからです。

交通事故によるケガ

たとえば、頚椎捻挫はかなり多く見られるケガであり、口の骨の靱帯にダメージを負うことが主な原因となっています。靱帯の損傷が少なくても、軟骨の組織などが衝撃を受けることで発症することも珍しくありません。
むちうちと呼ばれるケガの多くがこの頚椎捻挫に属しています。代表的な症状は首周辺に痛みが出ることで、背中や肩にまで及ぶケースも見受けられます。
その他に神経根症状という症状もあり、こちらは脊椎を起点として伸びている神経に原因があるのです。それらの神経が衝突の力などで圧迫された場合などによく発症します。
こちらの痛みがよく出るのは腕や肩ですが、しびれるような感覚に襲われることもあります。その場合は手指などにも同じ症状が見られることも珍しくありません。さらに、自律神経の内部にある交感神経がダメージを受けることで起こる症状もあります。こちらは極端な緊張状態になっていることが主な原因です。めまいやだるさを伴いやすく、頭痛や吐き気に発展してしまう人もいます。

交通事故によるケガは当院にお任せください

当院ではまず、痛む部位や症状、お悩みを丁寧にお伺いします。その後、症状を把握するため検査を行います。
最新の機器や手技での施術、ストレッチ整体など豊富なメニューの中から症状に応じた施術で健康な身体作りをサポートします。
気になる症状があればお気軽に当院までご相談ください。

当院は顧問弁護士と連携しております!